オヤコラ    *genkiblog*

ブログ創業2003年4月

前回5/15の続き・・・・

45rpmって、ワタクシがお洋服業界から去っている間に、路面店が無くなり、(1990年末頃?に出来た南青山店は残ってるようですけど。一度だけ行ったけど。)調べるとホボ百貨店に入って居た。

以前から使ってた「R」を継承しての方向転換なのか、良く解りませんが、激変ですね。お洋服業界も大変なんですね。

「♪昔の名前で、出ています〜〜」

 

とにかく、品(ひん)が無く、安っぽい。心動かす物が無い。

 

ノスタルジーに浸りたくもないが、

45rpmと言えば、ノースマリンドライブ。1980年代でしたか、あべのアポロビルで、出会いましたけど、コレは2000年代の南船場店(今は無く、ビビアン・ウエストウッドが入ってる)で購入。

シルエット、素材、色・・・すべてがヨカです。泣けてくる。

 

少しピンボケになってすいません。DDのポロです。大人サイズポロです。

今のDDは知りませんが、アメリカ・古着・・・始まりの制作者たちは、よりリアルさを求めたのか、古着の着古し感、「ダメージ」の深みにハマり込んでいた。受けていたけど・・・

 

ダメージ使いはストアーズが先手でしたが、DDは輩出力にまさり、DDの主流となった。デニムボトムは考えられなくもないが、トップスのポロにダメージを加え、色落ち加工も加えている。

 

ジャズで言うと、「こなれ感」ぴったりな表現ではないケド「逸脱感」が重なってくる。

ストイックに突き進みすぎると破滅的フリージャズになる。

 

好きな色は重なってしまうが、この色、このシルエットは、DDのコレクションで一番気に入っている。(2〜3年箪笥に眠っていたのですけど・・・)

 

ワークワークは特にパターンが太目で、ワタクシには適していた。

服好きな人たちは、とかく、シルエットもタイトに攻め込みがちで、ピたピたが多いが、

ワークワークを着たときの、おおらかさ、緩やかさが良いのです。

 

ウエスタンのダブルガーゼ素材シャツ。ワークワーク。

コレは、ズーッ着ている。重宝してます。特にガーゼ素材のソフト感がいいし、お腹まわりは太目なのに、お袖が細めなパターンが気に入っている。それはストアーズ時代から変わりなくです。オックスのBDシャツはまだに活躍してます。ちょいボロボロになってますけど。

 

この素材感が、ワタクシを虜(トリコ)にする。

 

DDのリバーシブルコットンガーゼTシャツ。

裏は白です。ワタクシって気心地優先なんでしょうね。のびのびになってもガーゼの優しさに負けてしまう。ついつい着てしまう。

<<prev entry | main | next entry>>

Comments:

Leave a comment: