オヤコラ    *genkiblog*

ブログ創業2003年4月

一心寺の帰り道、最近行っていない天王寺公園を通って駅へと向かった。

茶臼山から和気橋という橋を渡ると慶沢園の裏手になり、迂回して市立美術館を右に観ながら

駅に向かうと、天王寺公園の入り口付近を通る。

和気橋は最近改修したのか、塗りなおしただけなのか、朱赤とパステルグリーンが初春の日差しに映える。

 

以前、と言っても、20年、30年以前ですが、天王寺公園のこの辺り、入って直ぐの辺りは、

あまり行きたくないエリアでして、浮浪者、オコモさん、酔っぱらい、散乱したごみに

路上カラオケの響きがうずまき、「スラム」大阪のディープなエリアでした。

が、「てんしば」っていう再開発事業が施され、大阪一般ピープルの「憩い」場に様変わりしていた。

 

いつまで維持できるのでしょうか?なんせ「大阪」なんで。

直ぐ東側、上町台地の坂を下ると、大阪の「新世界」が隣接している。観えている。

 

明治時代に出来た時は、明るい未来を示すテーマパークであり、まさしく「新世界」だったと思うのですけど・・・・

 

<<prev entry | main | next entry>>

Comments:

Leave a comment: