オヤコラ    *genkiblog*

ブログ創業2003年4月

何なんですかね?韓国フェリー沈没事故での、噛み付きおばさん、および怒号おじさん。

永年、大阪下町にいると、韓国を祖国とする人々とも接していて慣れていると思っていたのですが。

と、嘆いて見ても、日本もえらそうな事いえませんけど。

激しい場面は、韓国系に限らず、ケッコウ、欧米アジア・・・・など世界各地域に見られますけど


リビアのカダフィー大佐の最後
イタリアのムッソリーニの最期の死体踏み付け事件
ルーマニアのチャウセスクの最期
フランスでのナチス協力者に対するリンチ

台湾の国会占拠


・・・・・・枚挙にいとまがありません。

が、あれは、エキサイトというより、ヒステリックな感じ。(ヒステリックグラマーがなんばパークスに出店していたが、それとこれは全く関係ありませんけど、昔よもう一度ですか?)

話変わりますが、おばさんツナガリで、おばマ大統領って、全方位外交ですか、みんなにエエ顔。安もんのクラブのママですか?

日本に来たら、中国から守ったるからね。

韓国に行ったら、日本のあんな事はアカンことや、日本も反省してるやろから、仲良くしてね。

って。

分別のある大家さんぶって、長屋の隣人同士のいさかいをナダメル。

なんか煮きらんわ。そら確かに、アメリカの店子ですけど。ポチですけど・・・・・・・

話は変わりますが、

今回のオリンピックで目立ったのが、

チーム競技でのメダルと

女子の活躍。

チーム競技で女子と言うと、サッカー、卓球、バレボール、バトミントン・・・

日本は、チーム競技で俄然、強さを発揮する。

聖徳太子以来の「和を以って貴きと為す」の伝統的精神なんでしょうかね。
日本人の美徳とでもいえるのかもしれませんね。

チームプレイがプラスに働く時は良いのですが、終戦記念日に思ったんですけど、

和を乱す、異を唱える行為は、チームの中では潰される。
和を以って貴きと為すの力はマイナスの方向に向かうと、


戦争へと向かう。



・・・・のかも知れません。

昨晩20年来の業界人達と話していて、ふと気が付いたンですが、服飾のデザイナー(企画者とも言う)って、ジャズプレイヤーとの共通点多いなって。

 

服飾デザイナーと言っても、アメリカンカジュアル系を想定してのことで、ほかのヨーロッパファッションは置いときます。当ってるかもしれませんけど。

 

ジャズの方は、オリジナル以外の多くのスタンダード曲を自分の感じたように、自分っぽく作り直す。カバーするとか言いますが、とにかく自分流に表現しなおす。

 

その作り変えの規模、質、はプレイヤーによってはかなりの違いがあり、ちょこっと手直しする程度から、ワンフレーズだけチラッと聞こえたかと思うと、訳判らん位に変質してしまう規模の物まで、イロイロです。

 

AC(アメリカンカジュアル)の方は、デザインソースは、基本的に、アーミーであり、ネイビーであり、スポーツ着であり、アウトドア着であり、ワーク服であります。

 

このソース達を、ジャズで言うスタンダード曲と考えると、あまり変わらない作業をしている事になる。

 

たとえば、カーキのアーミージャケットをレプリカっぽく作っても、何かしら企画者の意思や意図があり、何かしらのデフォルメがあると思うし。企画者によると、アーミージャケットをより女のコっぽくし、リボンモチーフを掛け合わしたり、フリル調にしたり、かなりな編曲をしたりする物に出くわす事がある。

   
     

ジャズプレイヤーはスタンダード曲を「リメイク」し


服飾デザイナーはPコートを「アレンジ」する.

 

 

スマートフォンが売れてるらしい。

今日、帰りのバス、混んでいて真ん前の若い兄ちゃんが、「サクサク」しているのを後ろから、マトモニ見えた。じっと見ていた。

ニュースのタイトルが羅列してあり、そん中からクリックして、本文を見る、戻す、また、タイトル変えてクリックする。見る・・・・・・・

機能はコレだけではないと思うけど、

「ショーモ無い情報ダラダラとチェックしてるンやな」


以前から、思っていた。

インターネットの画面からはおまえの「幸せ」は見つからない。

身になるおとくな情報は手に入らない。

-----ように思う。


子供にも言いたい。

言っても理解してくれない。

ワタクシのニコチン依存症と同じように、みなさま、インターネット幻想的依存症なのかも知れない。

今回の原発事故で、ヒニクな事に原発の構造を今回初めて知りました。

報道では単純化された構造が示されているのですが、知れば知るほどその設備の安全性がオソマツなものだと思えるのです。

原発には

1、発電する為の主ライン

2、発電をランニングする為の付帯設備

3、発電を停止すること、と安全に冷却するの為の設備

4、それら全ての安全性を保証する為の設備

5、全てを制御する為の装置

6、状態を監視する為の計測器

7、運転、操作、保守などを行なう人員とその統制

などが必要と思われます。

今回の、事故で素人ながら、不思議に思う事がイロイロとあります。

想定以上の津波及び地震により、電源の喪失があり、それによって

主に、上記3の発電停止はできたものの、安全性では非常に重要なクールダウンの機能がストップした事らしい。

疑問の一つは、冷却が機能が重要にも関わらず、電源が確保されないという事。
非常用の発電機も稼動したらしいが、冷却が完了しない状態でストップしたらしい。
非常時の電源の確保は、重要で、市民生活レベルでの停電とは次元の違う重要性がある。

想定外の自然災害があった言う言い訳は聞こえはいいが、「原発は安全です。」といい続けて来た事は、実はウソだったという事になる。
原発を造る側の人は、造るときにこう説明するべきです。

「想定内の危機には安全ですが、想定外の危機には、安全を保証できません。」

また、メルトダウンと言うことも今回の事故で判った事ですが、発電エネルギーの核心部の圧力容器とその格納器は頑丈に出来ているらしいけど、メルトダウンによって絶対と言われているその容器の堅牢性にも疑問があるらしい。
格納容器の一部分である圧力抑制室に破損がでた事も明らかになっています。

また、事故経過の発表のなかで、つどつど出てきることですが、「〜〜のようです。」「〜〜は確認できていません」とか、発電設備全体の監視が出来ていないのでは。

放射能の危険性がある設備だけに、人間による確認目視などが出来ない環境であれば、センサー、監視カメラ、各種計測計器を充分に配置し、設備全体の状態を的確に把握でき無いと、的確な処置が出来ないことは、素人にもわかる。また、修理とかで人間が入れないところは、ロボットアームなどで遠隔操作など、出来ないものでしょうか。
医者が患者の的確な把握をしない事には、的確な処方が出来ないのと同じです。

また原発施設の建屋の崩壊。アレは、そんなに簡単に壊れてもいいのでしょうか。
水素が建屋内上部にたまり爆発したらしいが、あえて、水素爆発を想定して、内部の格納容器を守るために風圧を逃すために、簡単な構造にしているのでしょうか。
テロや空爆があると、簡単に圧力容器にまで到達するように思えますが。

ソレにも増して、不信感があるのが、東京電力側の会見の不信感。
事故現場では、かなりな修復作業に努めているとはおもわれますが、会見に出てくる人々からは、必死さが伝わらない。なにか、守りに入っている感が否めない。

東電には、あの程度の広報官しかいないのか。責任ある者の命令系統が出来ていないのか、言ってはイケナイことを口止めされているのか。

企業の品格に疑問がでる。

それは、同じ東電の計画停電での広報にも言えることです。



「オオカミが来るぞ!」

といいウソを続けた少年は、ほんとにオオカミが来たとき信用されずにほんとに羊が食べられた。と言う話はみなさまご存知でしょうが。

今回のは、最初40センチ60センチとの警報があり、いつもの事で警報は聞いていてもナレッコになっていたから、ほんとに来てそれが10m以上もあるとわかったときは、すでに遅しで、警報からもユックリしていたとの証言もある。

今回は、オオカミ少年シンドロームと、実際来たのが、オオカミとどころか、象の大群、龍の集団が、いっせいに襲来したようなものでしょうか。

まあ、被災者にとっては、まだゲームは終わってない訳で、しんどい事でしょうが再生の希望を実現していくことになるでしょうけど。

それにしても、原子力発電の安全性の信頼の無い事。

アレだけ、安全ですって言ってきて、原子力発電施設を作って運営してきたのに、今回の事故の体たらくですから。

地震とともに生きてきている日本で、当然津波もあるし、それが想定外の大きなものにしても、原発の事故の危険性をおもえば、あまりにも危機管理の無さに思える。

これが、テロとか、ミサイルの攻撃とかでしたら、それにも完璧に対処できるのでしょうかね?

賢いひとが研究に研究を重ねて、安全性を宣伝してきた事がマッタクの信頼性を覆してしまいましたね。

「のだめカンタービレ」のラフマニノフの2番を、見つけたから言っときますけど。


テレビで話題になり、ずいぶんクラシックも人気になった(?一時期だけ?)みたいで、CD屋さんなんかでも一番目立つところに置かれていたりして居るのは知っていますが。

ツタヤでは、一番隅っこにあるのは、いつもジャズとクラシックと古典落語でして、それが、いつもワタクシのココロを ↓ な気持ちに屈折させてくれるのです。

ワタクシのように音楽の裏小道の端っこを歩んでいる者のシイタゲラレタ音楽好きのココロは、屈折しています、が、それはソレで、ミーハーに入り込まれて、ヒッカキ回される事が無いという安心感があるのですが--------。

ドラマでも、なんでも、人気になってクラシックにスポットライトが当たらば、それでイイジャン!

なんて思うのは、素人なんです。

-----注目される事でファン層の底辺が広がり、好きになる人が一人でも増えるのはいい事かも知れません。その事で、その人のスピリッツに灯りが灯ればいいのですが、

多くの「にわかファン」は、すぐに醒めてしまい。返ってクラシックが、軽いものに思われるのがオチなんです。
人気が無くなった後、余計に見捨てられるパターンにオチイル。よくある事です。

そんな事、たくさん経験して来ましたから、判るンです。

ジャズでも、お洋服でも、自分の感性で判断せずに、周囲の評判だけで飛びつくヤカラ。

いますよね。

居る居る。

 
雑誌を買うと、付録が付いてくる。

こんなBAGとか・・・・・


いつ止めるのやろ?
どこかでヒットしたら、みんなやる。

やり出すと、止められない。売り上げが下がるのが恐い。

莫大な経費がかかる。雑誌社が出しているのか、メーカーが宣伝経費で出しているのか。

「赤信号、みんなで渡れば恐くない」

「付録BAG、みんなで出せば、共倒れ」

愚の骨頂、本末転倒。

もともと、雑誌の記事なんて、読んでないのか、

記事には、魅力も自信も無いのでしょか。

いつ止めるのやろ?

デパートの売り上げが下げ止まらないらしい。
前年比10パーセント越えで、二十数年まえの水準に・・・・・・・

食品も、4.7%、衣料品は、13%とか。


経験上、デパート売り上げが、5%くらい落ちていると、町の専門店レベルでは10%は落ちている。
デパートには、落ち込みにくい食料品や、ギフト需要があるけど、町の衣料品専門店には、お洋服しかありませんので。今年の専門店の落ち込みはいかがなものでしょうか。他人事とは言え、気になることであります。

デパートについては、言いたいことがたくさん有ったけど、今となっては関係ないことかもしません。「小さな気遣い、大きなお世話」ですか。

ムツカシイ事言いマスト、デパートにしても、専門店にしても、「商品の価格決定権」を何処が持っているかちゅうことでして、デパートは、「商品を自分の目で観て、仕入れて自分で売る」、と言う商売の基本中の基本をを、メーカーに任せてしまった。メーカーをテナントと見立てて、ミズカラは、大家さんになってしまった。そのほうが都合が良かったのかもしれませんが、ズーット、30年も、40年も50年も、そんな感じで、メーカーが価格決定権を持ち、メーカーが儲かってきた。

価格決定権は、お客さん最前線で接している小売店が持つ事が望ましく、最近では、お客さん自身が価格決定権を持つようになってきているような気がして。

衣料品の流通の仕組みをデパートが率先して作ってきた感があるので、専門小売店はそのアオリを受けて決定権がなかなか手に入らない。

ユニクロに代表される、大型専門店は、自社生産品のみを扱い、当然価格決定は自社で行える訳で、利益の出る仕組みを作って来たから、今があるのカも知れません。商品は、衣料品と言えど、際限なく薄っぺらいファッション商品しか作れませんけど、少なくとも、消費者の需要は知っている、肌身で。

まっ、50年かけて壊してきたものを戻すには、やはり、50年はかかると思いますけど。

41日間の取調べ中の後半から、テレビ等の報道で、
「夫の勧めで、去年の夏ごろから、はじめました」
とか、
「夫の勧めで・・・・」と言う発言があり、気に成っていた。

勧めるのは、いつも「夫で・・・」あり、夫(おっと)のせいで・・・みたいな報道に終始していたような気がしていました。(ほんとに反省しているのかな、と)

本日、リアルタイムでの謝罪会見で、その意図がハッキリした。

同席したのは、サンミュージック、ビクター。酒井事件の、ある意味、被害者です。サンM側は、CMスポンサーに多額の違約金の賠償責任があり、ビクターは、商品に引き上げなどで、損害が発生している。会見の場で、そのことがハッキリと言われていた。

酒井の警察から、記者会見、その後の入院の事まで、一番の事は、謝罪発言の流暢な事、まとまりすぎている非の打ち所の無い内容。

しかも、涙あり。

----感じたことは、サンとか、ビクターが金銭的被害を取り戻すため、酒井には、しかるべき時には、きれいな形で芸能界復帰させて、穴埋めはしてもらうつもり。

酒井のほんとの気持ちは良く判りませんが、4億とも5億とも言われている芸能企業側の損害を、何が何でも返していかないとイケナイと言う事。

そのつらさの為の涙なのか、そのイメージ付けの為の演技の涙なのか。

警察から出てきた酒井はすでに、カネと言うエネルギーで動かされたお人形でしかない、と言うことなのか。のように見えてしまった。しまった。しまくら・・・・・。

もう、のりピーたちには、うんざり。