オヤコラ    *genkiblog*

ブログ創業2003年4月

暑くなってくるとサングラスが必要。

 

サングラスは、いくつか持ってるが、この画像(アニタオディの1958年の野外ライブ)で、

1:51秒後の観客のサングラスに魅入っていた。

ウエリントンタイプのセル黒サングラスです。

 

欲しくなっていろいろ探した。

 

レイバン

トムフォード

・・・ゾフ

レイバンはレンズ左上角にロゴが入っている。また「つる」部分にもロゴが入っている。

・・・頑張り過ぎな感じ。販売居員に聞いたが、ロゴは消せない。ワタクシ、吉田カバンのロゴパッチも取り外して使用している。

 

トムフォードもレンズ枠の端から「つる」に掛けて接合部分が「Tライン」の金属になっている。一目で「トムフォード」と判る。

 

個人的には、あまり意匠でブランドを主張するのは、好まない。恥ずかしい。かっこ悪い。粋がっている。イキっている感じ。チャラく感じてしまう。

 

結局zoffのあまり勢い込まないチープな感じが60オーバーのおっさんには、安定感がある。

 

もう一つ、気に入らないことがあった。レンズの濃さです。濃すぎるものは、気合入りすぎに感じるので、なるべく薄い色を選んだ。イカツイ。

 

ワタクシが気に入ってこのzoffサングラスをかけていると、うちの奥様に捕られた。ワタクシが似合いすぎるからなんでしょうけど。

 

ワタクシはその行為に抵抗できないので、さらに自分用に探してみた。そのzoffも少し暗さに不満があったし。

 

メガネスーパー、眼鏡市場、高島屋、なんばパークス・・・と、PCで検索し、実店舗で実物を吟味したが、やはり、zoffの同じものになった。

 

もし、生まれ変わっても、「zoff」を選んでしまうのか・・・

 

しかも,薄色のレンズと交換できるとのことで、薄色にカスタムしてもらった。

これで、通勤が楽になります。

(SPORTY SUNGLASSESZA181G01-14E1,¥5940 レンズ¥3000)

 

1958年のアメリカ一般ピープル(男性)のとまではいかないが、

ウエリントン型、黒セルのサングラスは、クラシックであり、ベーシックであり、スタンダードで

シンプルなタイプであります。

 

同上のアニタの野外ライブ画像で見受けられる1958年の女性たちは、当時のトレンドなんでしょうか、バタフライタイプのバリエーションを

 

「個性豊か」に掛けていますけど。(現在では、ほとんど見受けられないですけど)

 

 

サッカーワールドカップで「にわか」サッカーファンになっている。

 

当然「テレビ」中継を観たり、観なかったり・・・ですけど、hulu、ユーチューブ、Eテレ慣れしているので、「CM」がうっとおしい。うるさい。

 

「CM」タイムになると、他チャンネルに切り替えたりするが、他チャンネルも「CM」をしていたりして、残念な感じになったり、ならなかったり・・・・そのうち、観たいチャンネルでサッカーが始まっていたりして。

 

切り替えもめんどくさいので、CMになると「消音」ボタンを押してみた。

 

「CM」を無音で流してみると、

 

CMなのでスポンサーの意向を得て、当然熱い演技だったり、盛り気味のヒツコサだったり、が滑稽に見えてくる。

「オレ、お前のメッセージなんて、聞いてないからな〜〜っ!」ってテレビに向かってつぶやける。

 

音をなくすだけで、ストレスが多少なりとも軽減されるのです。

 

なんか、「CM暴力」に、勝った気がする。

奥様が、生協に注文するのを忘れていたので、今週の冷蔵庫はスカスカ気味です。

 

キャベツの残り(芯多し)、ジャガイモ数個、ピーマン、そして肉は無く、ちくわ数本のみ。

 

この材料でお好み焼きを作ってみることにした。

 

各素材は、包丁で荒目に切り、

ジャガイモも、キャベツもピーマンも、この「クイジナート」でみじん切り状態にした。

 

素材を練り合わせたものに、天かす、ホンダシ顆粒、と醤油、卵を入れ

 

ちくわのみ、適当に輪切りにして、お肉に見立てて焼いてみた。

これが、なんと、美味しい。旨い。(少し欠けているのは、待ちきれなくて食べた跡)

ジャガイモなんて、クイジナートが無ければ、手ですりおろすしか無いし。

 

ジャガイモを山芋に見立てた「ポテトおやき」でしょうか?

 

会社帰りに雨に降られた。

 

最近の雨事情で、いつも持っている雨傘の使用頻度が高くて、乾き待ちで鞄に仕舞うのを忘れていた。

 

コンビニで、コンビニエンスに買えるものの、家に帰れば何本かあるし・・・・と思いつつ、1000円の折畳み傘を何本も持つのもどうだかと、思い切ってモンベルの傘を買ってみた。

3種類くらいあったが、これにした。¥4800.

 

高いのは昔から知っていたが、こんな事でもないと買っていなかった。モンベルの傘は、重さを重視していて、128gの物です。

 

多分、日傘ににはならないと思うが、ヘビーローテで使わないともったいない。骨もしっかりしているみたいだし。

 

ユーチューブを観ているといろんな「ジャズ」が登場してきます。

 

いまいちユーチューブの仕組みを解っていませんが、基本的には一般ピープルからの「投稿」とその視聴に伴うCMの金銭の発生があるみたいで、「投稿」にも自己の「宣伝」もあるようです。

 

何気なく提供されているユーチューブの動画には何らかの「意図」があると思った方がいいみたいです。

 

けど、それは置いといても、ワタクシのテレビ「ユーチューブ」の「あなたにおすすめ」ページには、いろんなジャズシーンが走馬灯のように登場してくる。

 

そんな中、この、「Stringspace Jazz Band」をちょいちょい登場してきます。

ヨーロッパだと思っていたら、どうもオーストラリアらしいけど、「Stringspace 」という音楽提供集団の

「自己PR」投稿のようです。

 

「Stringspace 」はジャズ以外に、クラシックを中心にポップスも提供しているみたいです。

 

アメリカ以外の地域のジャズの捉え方は、素直、クラシック、スタンダードに忠実・・・で聞きやすい。

べたべたなブルースから入らないし、アーシーさはあまり出さない。(あるいは、出せないのか)

 

この、「Stringspace Jazz Band」には、優雅さ、エレガントさも感じる。

 

最近買った、「泉州こだわりタオル」(フェイスタオルで、一枚1200円、by南海難波駅の出店)を使う時のような「しあわせ感」を感じるのです。

 

 

お弁当箱つながりで・・・・

 

コンビニでおにぎりとか、買うと、レジで、

 

「お箸、いくつ入りますか?」ミタイナ事聞かれます。必ず聞かれます。

ワタクシ一つでもいいのに、試に、多めで

 

「二本ください」と言ってみたら、二本入れてくれました。

 

 

 

その時「二本ですか?」ってヤヤキレ気味み聞かれていたら、間違ったふりして、

 

「あっ、一本です」となる訳ですが、そうでもなく、案外自然にくれるものだと味をしめてしまった。

 

一本でも多めにくれたら、自分のお弁当に箸を持参する手間もないわけで、

 

コンビニを出るとき、勝ち誇った感じがするのはワタクシだけ?・・・

 

貯金は出来ないが、「割りばし貯金」は増えつつある。

 

セコイか!

 

 

ここ10年くらいは、お昼はお弁当でして、弁当箱とも何個か付き合ってきました。

 

今回、奥様のご指示で買い換えました。

(有)ミタニ製の「木目スクエア弁当 栃木目 M16563」

東急ハンズで1950円くらいでした。

 

これが良いと思ったのは、パッキンが無いことです。

タイガイの樹脂製弁当箱はパッキンがついていて、液漏れ気密性を保つらしいが、

 

パッキンはいちいち外して、洗い、乾かし、再度装着する・・・・という、めんどくさいのです。

 

中蓋はポリエチレン製なので柔軟性があり、気密性はある程度あります。(中蓋のみ電子レンジ不可)

 

この弁当箱の前に使用していた物も、

(右がこれまで使用していた弁当箱、左が、新規購入した弁当箱)

同じ作りでして、すごく便利でした。壊れていませんし。

 

弁当箱は使ってみて解るのですが、

 

電子レンジOK、気密性あり、洗いやすい、容量に問題がない。

 

・・・事が、チョイスの基準です。

 

パッキンはめんどくさい。

 

パッチンで押さえつける機能は、壊れやすい。(これまで何個か壊れました)

 

東急ハンズの弁当箱売り場は時期柄か、縮小されていたものの、100種はあったと思いますが、ワタクシの基準をクリアできたのは、この(有)ミタニ製の「木目スクエア弁当 栃木木目 M16563」でした。

 

しかし、大問題があります。容量が300ml+300mlの600mlしかありません。

 

上記画像に写っている先代の弁当箱は900ml超えでして、ワタクシの胃袋を満たしていたのですけど、

そもそも今回奥様の指示が、「それは高校生くらいの子が食べる弁当や。おっさんらしく小さな物に変えろ」でして、

はたして、600mlで耐えられるか、非常に不安なんです。

 

よく判らんのですが、日大アメフト問題で、被害者側は、警察に「被害届」を出したのは確からしいが、「刑事告訴」をはまだ出していないらしい。躊躇やったか、熟慮しているとか言ってたような気がする。提訴するには、M川君も入れないといけないので・・・と言っていたような気がする。

 

それとも、何らかの反応をまっているのか?(日大側は腐りきっているので、良い回答は出ないのに)、何かに怯えているのか(日大トップの裏社会の影響力、被害者父が維新の会の議員とか?)。刑事告訴をするかしないかが今の最大の関心です。あとは、毎日どのチャンネルもやっているので飽きてきた。

 

最近で興味あったのは、今の人類はホモサピエンスですが、ネアンデルタール人のDNAが少し入っている。日本人には比較的多くて、2.5%前後入っているらしい。

また、日本人の由来は主に、大陸、半島からと思われていた(もとから住んでいた人もいる。縄文人とも言われているか?記憶があいまいミー・・)。けども、遺伝子的には、エジプトあたりからインド、インドネシア、東南アジアあたりのルートからの人の往き付いた土地みたいです。もちろん、大陸、半島からの移住もカナリな割合であると推定されるが歴史的には、近年の事で、アジアの東端mユーラシアの東の果て、果てからサラに海で適度に隔たれている場所は、ある意味、独自性と、DNA的な特異性もある事は、推定しやすい。

 

NHKでやってた事ですけど、ネアンデルタール人の絶滅は、家族単位で行動していた。ホモサピエンスは、身体的能力は劣るものの、コミュニティを作れた、大きくできた、大人数で戦ったり、知識の共有ができたりで生産性が高くなったかららしい。

(カーリングのLS北見ですね。コミュニケーションの密度が勝敗を左右する)

 

日大や内田の弱さって、ネアンデルタールなのか、ホモサピエンスなのか、それとも違う由来なのか。おそらく閉鎖性気密性の高いところで(家族みたいな?)活動していたので、ネアンみたいに劣化していったのでしょう?

 

おそらくそのDNAは、永い歴史の中でも出ては、消え、消えては出てきていたのでしょう。けっして無くなることはないのでしょう。薄まってほしいでけど。

 

人類にとって、合理性があるとは思えないし。

 

 

 

 

 

昨日、ユーチューブでカーリングやジャズをみていたら、日大アメフトの加害者選手の会見が投稿されていて、興味シンシンで観ていた。

 

内田が主犯じゃないかとは、前回ブログでも記したが、それが決定的とまではいかないが、はっきりしてきた。

 

刑事事件、及び民事事件に広がるとして、日大内田に勝訴できるポイントとして、下記の2点に注目した。

 

 攬羮絅魁璽舛ら「監督にお前をどうしたら試合に出せるかを聞いたら、相手のクォーターバックを1プレー目でつぶせば出してやると言われた。・・・」】(加害者の言)

 

◆敍眦沈疑監督に試合当日、「潰しにいくから(試合で)使って下さい」と自分で申し出たところ、「やらないと意味がないぞ」と言われ、。】(加害者の言)

,任脇眦勅身直接の言葉ではなく、井上を介しての言葉ですが、「監督のからの指示」として言っている。

 

△任脇眦弔ら直接言われた言葉ですが、,瞭睛討鮗孫圓靴蹐反篦蠅垢襪里当然に等しい。(やくざのマインドコントロールか!)

 

内田から直接、「つぶせ」という言葉は、昨日の会見では言っていないが、刑事裁判を想定して、戦略として代理人がぼやかしたのかもしれないけど。

 

内田を追い詰めるには、揺るがない決定的証拠には薄いかもしれないが、状況的には、充分決定力があると思われる。法廷闘争は、あまり良く知らないし、海外ドラマを良く見ている程度の知識なんで。

 

とにかく、この問題、並みのドラマより面白くなってきた。この会見の後も、日大のコメントは、学校法人としての日大本部、その中のクラブとしてのアメフト部中枢内田と、日大組織を守ろうとしている。いまだに腐りきっていると思われるが、日大全体の営業レベルでどういう対応をするつもりなのか、次のストーンの一投、一投が今後を左右される。

 

そもそも、アメフトってどちらかというと、好きではない、嫌いです。スポーツとして、プロテクターを付けないとできないなんて、どうなんでしょうか?サッカーやスキーなどでも防護装備はするとして、少なくとも自分を守る用具でありますが、アメフトは他者を攻撃する為としての要素が多いのでは?ラグビーと対照的。ラグビーも肉弾戦ですけど、派手な防具が無い分、相手の痛みを感じられる。

 

ともかく、加害者選手の今回の会見は、勇気があり、誠実であり、立派な行為であったと思う。スッキリしないことが多い昨今の出来事では、快挙でした。

★日大アメフト最低!!

 

主犯は監督のようだが、それを許す観て見ぬフリ体質が日大アメフト及び大学組織にあるようだ。

 

★南海辰巳建設の大津手抜きマンションも最低!!親会社の南海電鉄にも毎日のように利用しているが、南海電車も腐っているように思えてしまう。

昨年9月の台風で南海本線の鉄橋が不具合になった。復旧に三か月?くらいかかっていた。そんなものかと思っていたら、

最近、近鉄の鉄橋が傾く不具合が発生した。南大阪線は、しばらく無理かと思っていたら、翌日には復旧していた。

不具合の程度の差は有ると思うが、近鉄の速さ、南海の遅さを感じた。南海辰村は関わっていたか知らないが、気合と技術の差を思ってしまう。

 

久しぶりにLS北見の国内試合を観れた。第三戦は富士急もあと一歩のとこまでくらいついてた。接戦にドキドキ、ワクワクする。

 

---以上は、ユーチューブでの情報だが、HULUに良いのが少なくなって、自然とユーチューブに頼っている。

 

そんななかでも、現在HULUで楽しみにしているのは、「ホームランド」「NCSI」

「ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊」そして

 

「ミス・シャーロック」(竹内結子、貫地谷しほり等)。

 

HULUオリジナルでHBOと共同制作、世界17か国に配信しているらしい。日本の刑事ものは、いや、日本のドラマは面白くなく、スピード感も無く、観る気がしなかったが、この作品はHBOアジアも共同制作しているせいか、一作目の最初のシーンから引きつけられる。

 

でも、最近のHULUの掲載スピードは、追いつかないのか、良い作品は一週一話登場で、じらされる。上記4作品がダイタイ週の火曜、木曜、金曜あたりに登場するので、待っている間は、ユーチューブで紛らわす。

 

一応、hulu、料金払ってるし。

 

ユーチューブはタダやけど。