オヤコラ    *genkiblog*

ブログ創業2003年4月

通勤でウオークマンを使いだして数か月経過しています。

 

ウオークマンにアルバムを取り込むのは、ワタクシにとって結構面倒なことでしたが、ユーチューブから落とし込んで、アルバムにして15点ほど入れています。

 

ボリューム的には全部聞くと結構な時間がかかりますが、ワタクシ、通勤の往き約30分と還り約30分(電車に乗ってる時間)だけなんで、聞いているアルバム(約45分)を聞き終えません。

 

入力するのが面倒なんで、厳選したつもりですけど、その日の朝の気分や、夜の精神状態に従って選曲をしています。

 

不思議なことに、ほとんど、一つの同じアルバムを選んでしまっています。

 

Bill Evans - You Must Believe In Spring(1977)

です。
ビルのアルバムは10個位入れていますが、ほぼこれになってしまいます。
特に5曲目の「The Peacocks」が気に入っています。聞いてしまいます。アルバムのスタートから17分34秒後に始まる曲です。(聞く毎に、HOMELAND (テレビドラマ)のテーマを思い出すけど)
このアルバムは1977年録音となっているので、ビルの晩期の作品です。
最近思うのは、ビル・エヴァンスの代表作、人気作とされている「 Waltz for Debby 」(1961年)や「Portrait in Jazz 」(1959年)などのまあまあ初期の作品より、ワタクシは晩期の作品に惹かれます。今のところですけど。
抒情性、繊細さは初期から感じます(マイルスと作った、ブルー・イン・グリーンなんか幽玄で抒情的です)が、アップテンポな曲や、(ビルエヴァンスなりに)「はじけた」演奏も、晩期には影を潜め、抒情性に「耽美さ」が加わり、より深淵にどっぷりと浸かりこんでいるような感じを受けます。
ってことは、ワタクシも「晩期」に入り込んでいるのでしょうか?
でも、ウオークマンで2番目によく聞くアルバムはブロッサム・ディアリーです。
ビル・エヴァンスの耽溺さが「うっとしく」なった時、このブロッサムの甘さ、かわいさに惹かれてしまいますけど。

夏の間、ほったらかしにしていた庭の雑草がヒドイ事になっていた。

 

見て見ぬふりをしていたが、奥様の知り合いの情報で、地域のシルバー人材センターで雑草の処置をしてくれるらしい。さっそく頼んでみたら、延9名、各4時間くらいの作業で、すっかり刈り取っていただいた。

 

草の根も掘り起こして除去してくれて、整地まで、しかも、草の廃棄までしてくれた。約33袋。

 

すべての作業の料金がなんと3万円くらい。

 

とても助かりました。

 

シルバー人材センターは、他にも家の片づけ等もしてくれるらしい。

 

また、頼もうかと思っています。

 

シルバーなワタクシが、よりシルバーな方々に頼るって、どんだけやネン。

 

ってことで・・・・・

 

 

 

 

 

大塚家具が大騒動の末、社長以下経営陣の交代で、経営路線を変更したのが2015年春でしたが、ここにきて経営落ち込みが続いているらしい。

 

ワタクシも経験上、大塚家具の路線変更は当然と思っていたし大方の意見と同じように支持していた。

 

ワタクシ自身、大塚家具には一度しか行ったことがない。大阪南港のショールームですが、見てみるだけなのに、入り口で病院のようにいろいろと書かされ、販売員を付けられて、案内された。

 

うっとおしいし、糸の付いたカナブンのようにワタクシの周りをブンブン飛び回る。同じ接客業をしていたので、「デパートよりひつこいわ」接客を断ると、逆切れしたかのように「広いのでごゆっくりwww・・・」みたいな感じで解放された。結局欲しいものは見つからず。帰ったけど。

客にプレッシャーかけるような大塚家具なんか「死ねばいいのに」とつぶやくたくなったのを覚えている。

 

入りやすい店、販売員を付けて「販売縛り」をしない店で、風通しよくなり,うまいこと行ってるのかと思っていたが、3期連続の赤字予想。売上にして3割減(これは大きい)。キャッシュも底を尽きかけているらしい。

 

記事を見ていると、どうやら顧客層を読み違えているような感じでして、店って、「誰にでも買ってもらう」ものじゃなく、どんなものをどんな客に買ってもらうか、客層を絞り込む事が大事なこと。なんて、タイガイの販売店なら知ってると思うけど。

 

ワタクシ、洋服屋さんをしていましたが、見せたいもの、売りたいものから、スソ値商品まで広げることは良いとして、中心顧客層、およびその商品は守らないと、客層が乱れ、ファンは寄り付かない。売り場は荒れます。

 

また、「中古品下取り」なんて、やすもんの家電量販店の売り方みたいで、中から下の客層ねらいでっか?しかも、その中古品を再生して販売しているらしい。いい物を欲しがる顧客はそんな売り場にには行きたくない。ルイ・ビトンのショップで中古品コーナーありますか?(ビトンがブランド品とは思いませんけど・・・)大塚の売り方嫌いやったけど、少なくとも売り場の品格はあったと思う。

 

販売接客も、付かず離れず、売り場に目を行きトドかせて、客に応える。事って教えられたけど。

 

まあ、大塚さんとこの事は、よー知らんから、判らんけど。なんせ、この30年で一回しか行った事ないし。

 

とにかく、大塚家具の2015年の新生(シンセイ)方針に、賛成(サンセイ)したワタクシとしては、反省(ハンセイ)しています。責任を感じているわけです。えらいすんまへん。

 

相変わらずの熱帯夜。朝から暑く、昼はもっと熱く、夜も冷めない。

 

たまらず、高野山に行ってきた。涼を求めて。

 

自宅を出て約1時間半で高野山山頂に着く。国内や、海外から来る世界遺産なのに、案外近くに住んでいる。

 

が、年に一度行くか行かないか。世界遺産には興味なく、ただただ、暑さを避けるためなんですけど。

動機が不純ですよね。

 

昨年もかんじましたが、「高野山」は、ブランド地ですね。海外から(タイガイは欧米人。)が来ている。駅の掲示板に張っていたが、訪問客の外人ランキングトップ3は、フランス、アメリカ、オーストラリアらしい。

ゴミはよく管理され、トイレは適度にあり、シャワートイレになっている。ゆったりした歩道の設置がもっとあればと思うけど。

ワタクシの目的は、奥之院に続く参道です。木漏れ日はあるものの、うっそうと林立する杉の圧倒的な高さと広がりにより、冷気が心地よいのです。

 

寺にはまったく興味はありませんが、同行した奥様がお守りを買いたいとのことで、金剛峰寺に入った。入館料500円でしたが、それなりの行き届いた景観は楽しめたし、大広間でお茶を出し、僧侶の講話?説教?があって、皆様、ありがたくか、そうでもなくか、聞き入っていた。ワタクシは、広間横の通路(風除室的な機能、空調のペリメーターゾーン的な日本家屋の伝統的機能を持たせた廊下)の椅子に座って休憩がてらに講話を聴いていた。

 

外は陽がさすとさすがに暑いが、大広間内は、何の空調設備もないのに、涼風を感じるのは、古人の知恵なのでしょう。

 

講話のかじり聴きによると、金剛峰寺は豊臣秀吉が建立したらしい。高野山自体は、空海が800年代前半に作ったみたいですが、寺が増えたのは、秀吉が建ててからですので、1500年代末からなんでしょう。

 

てなことは良いとして、ワタクシにとって、高野山は避暑地なんです。冬は厳寒やし。

一心寺の帰り、2.3買いたいものがあったので、キューズモール、近鉄百貨店、ミオをぶらついた。

 

天王寺、阿倍野は通勤コースでもないので、ほとんど行かない、年に1〜2度程度です。

 

ハルカスにも上がったことはない。ほぼ毎朝、南海電車から見上げてはいるが。

 

天王寺はキューズモールができてから、品ぞろえのすそ野が広がり、量販、食品、量販的専門店もできたの、購買の選択が広がる。お食事もカジュアルから、もう少しアップグレードもあるみたいだ。

 

主目的は、奥様とのランチで、焼き肉が希望らしかったが、結局ミオの中の鰻屋(江戸川)に行った。

 

関西なのに江戸風の蒸しが入っている鰻で、あまり好みでなかった。ご飯もねちっとしていて、たれの絡みが頼りない。

 

鰻が小さいのは、高騰しているので、仕方ないとして、

おいしくない。まずい。身もたれも、ご飯も三拍子そろっていただけない。、

そもそも蒸し工程のある鰻を選択したのがダメでして、また、お味は個人的主観の問題ですが。

先日食べた、船場うな茂の鰻定食のほうが半額で、うまかった。

 

やはり、品川 青物横丁の「丸富」には負ける。

 

それはさておき、食後、ミオのモンベルに寄ったりしていたら、アメコミ系のショップがあり、キャップに一目ぼれしました。

買う気もなく、ただ見ていただけなんですけど、キャップでも、つばが真っ直ぐの

スタイルの名前知りませんが、「いわゆるストリート系」。

 

イメージ的には、アメリカドラマの黒人ストリートギャングがかぶってそうなキャップ、ラッパーがかぶってそうなキャップを見つけたので、即買いしてしまいました。

 

もちろんワタクシの年齢、キャラ、ファッションスタイルとも縁遠いのはわかっていますが、かっこいい。

 

ロバートデニーロがチョイ役でかぶっていそうなストレートキャップです。アメコミまったく興味ないのですけど・・・

 

みんながつばを曲げてかぶってるので、面白くないし、あえてのキャップです。でも、今は、ハットタイプですね。流行は。

10数年まえには考えられなかった。

また、ハンチングは今や、死語になっている感じ。

 

昔のアメカジ系バリバリのストアーズのキャップは最近恥ずかしくて。お年寄りはキャップが好きみたいだし。それベスト。

(以前から持っているストアーズで買ったダメージ系キャップ)

お盆は、墓参り。

河南町の山のほうの寺にもお墓はあるが、なんせ暑くて、疲れる。

 

天王寺の一心寺にも分骨しているので、いつものように一心寺へ行くことに。奥様は、墓参りからのランチを希望していたし、天王寺近辺にはいくつものお食事処がある。

 

一心寺に行くと、写真を撮りたくなる。

木造とコンクリートの打ち抜きが混在する。

賽銭箱って以前からこんなんでしたっけ?ステンレスのモダンなスタイルになっている。

休憩所の灰皿。火消壺もも凝っている。獅子か狛犬か。

本堂での特別な回向は頼まず、線香とろうそくを持ち、本堂横の幾万人のお骨で作った仏像に礼拝する。うちの親父、母親、おじさん夫婦、義理の姉が多分この中に詰め込まれている。

ワタクシたちは、横のお地蔵様にも参拝し線香を立てる。

皆様はあまり行かないが、お寺に行くと、無縁仏が集められている場所がある。

線香とろうそくを立てる。一心寺では、奥の本堂裏にある。

墓の区画に元々は祀られていたが、長い時間の中で、誰も来なくなった墓石です。墓参りの礼儀だと思っている。

 

境内をぶらぶらしていると、菩提樹が植わっていた。

インドボダイジュと書かれている。根本の錯節ぶりが、ワタクシの好みなんで、画像に残してみた。

 

朝早く出たので、お腹がすいてきた。近所のカフェでコーヒーとサンドで一息入れ阿倍野・天王寺を目指した。

・ユーチューブを観ていると、「韓国」の話題がゾロゾロ出てくる。

そのほとんどが、否定的な投稿ですけど、

 

確かに「韓国」はウットオシイ。保守は腐敗を行い、左派は北におもねる。

どちらも、日本には厳しく対応する。長年、大国にさらされていると、大国には面従腹背し、その分、小国にはキツイ態度を取るセオリーが身についているのか。本音は言えない。

 

個人的には、親しみを感じる。大阪の下町で育つと、「韓国」との接触がどうしても多く、良いやつも、そうでも無いやつと感じるも奴もいるし。それは韓国に限らないけど。

 

「隣人」とは仲が悪いのは、古今東西の習わしのようで、ワタクシのような温厚な人でも、店時代に、隣人とは大げんかしたし、今でも、住居の隣人は嫌いです。合いたくない。話したくない。

 

日本は、ユーラシアプレートの末端、東端(あるいは、先端)であり太平洋プレートのプレッシャーをフロントで支えている。

半島を身を挺して守っている絵柄になっているように思える。地震、温泉、火山を計らずも包括している。

 

日本の地理的な条件が、島国根性を育んだかもしれないが、強国におもねるハードルを低くしてきたと言う人もいる。

 

・なんばの繁華街を歩くと、韓国、中国、インドネシア?人が多く、梅田以上に多いと感じる。たぶん、大阪のミナミの猥雑さが、親近感を感じるのでしょう。

 

 

 

相変わらず、休日は家でダラダラっと。

 

Hulu、ユーチューブざんまいでして。

 

ドラマの「ブラック・セールズ シーズン4」で終了してしまったみたいで、「キャッスル」と「クリミナル・マインド」位ですか?今は。夏枯れ状態。

 

って事で、ユーチューブを観る事が多くなってきた昨今です。

 

御存じと思いますが、テレビで観るユーチューブは、タブがイロイロあり、まず出てくるのが「おすすめ」です。

 

「おすすめ」は、種々雑多で、最近歴史物を観ていたら、芋ずる式に歴史が出てくる。歴史ドキュメンタリーは気に言っているが、興味無いものもたくさん出てくる。その中を、ジャズと歴史をチョイスしている状態です。

 

時々、タモリ物も出てきて、1995年頃のタモリのジャズ番組に、林家こぶ平時代の林家正蔵が出ていた。

こぶ平のジャズ好き、オーディオ好きは薄々知っていいたが、ケッコウゴリゴリのジャズファンなんだって解る。

 

司会のタモリを含め、他のゲストにいじられながらも、コルトレーン好きを披露していた。タモリはコルトレーンは好きではないらしいし、他のゲストも、コルトレーンに敬意は有るものの、そこまででは無いみたいでした。

その頃のタモリって、今見ると、茶来(チャライ)く感じる。今の中居のノリと重なる所がある。

 

ワタクシは、コルトレーン大好きなんで、こぶ平に親近感を覚えた。ワタクシなんか、一時期、ジャズ=コルトレーンみたいに感じていて、店でもホボ毎日コルトレーンを流していたくらいです。(音楽の店ではありませんでしたが)

 

ただし、近年は、ビル・エバンスでして、あるいはボーカルでして、コルトレーンは聴いていません。熱すぎて、重たくて・・・。

 

時が移れば、好みも変わるって事でして・・・

 

・・・お後がよろしいようで。

 

今年の梅雨時期から、今の「梅雨明け」時期は、特に寝苦しい。

 

堪える。暑い。

 

自室のエアコンが壊れて2年経ったが、今までは工夫で何とかなってきたが、今年はきつかった。

 

チュウ事で、ついにエアコンを更新した。安くなる決算時期とか、季節終わりが良かったが、たまらんかったので。

 

エアコンは、古い順で、ナショナル製(30年以前の物)、日立製(これも30年は経過している。丈夫で壊れない)、三菱製、パナソニック製(3台)と各社バラバラになっていますけど、特にこだわりも無く、適当に買っていました。

 

今回は自室の三菱電機の霧ヶ峰でして、けっこう高かったし、丈夫そうでしたので、壊れたときはショックで、いつかまた、調子よくなるかな?って購入の決断ができなかったのですけど。(15年もったらいいか)

 

今年の梅雨は、堪えました。医者に言わせると、早くエアコンつけた方が良いよって。睡眠と熱中症にも適度な空調は必要ですし。(特に、お年寄りには・・・って言葉では、言われませんでしたけど)

 

って事で、今回は、初のダイキン製の「うるさら7」を購入。自動洗浄、空気洗浄も出来るし。

 

たぶん、10年は持つとして「終のエアコン」(ついのえあこん)になるかと思うのですけど・・・

 

シュッ、シュワッチ!

 

 

 

 

・昨年の3月から、わりかし熱心にしていた「お散歩」は今年初めころからサボっている。腰痛と寒さからツイ出不精になった。ついでにデブにもなった。

 

・溜まっている家の書類を整理しようと思うが、手つかずだ。

 

・Huluの気に入っている番組を見尽くした感がある。

 

・奥様にワタクシのデスクとパソコンを占領された。大事な書類関係は避難したけど。

 

・奥様がワタクシの部屋にあるピアノを時々弾きに来る。部屋の物を移動されるとツライ。

 

・通勤は痛勤だと感じる。ウォークマンで少し解消しているが。

 

・通勤電車で、やたらリュックを背負った人が増えた。老いも若きも男も女も、おっさんもです。邪魔だ。

 流行れば、みんな飛びつく。スーツにリュックの中年様、スーツが泣いている。

 

・テレビ番組は面白くないが、BSも95%は電波の無駄に思える。

 

・家で録画している番組は、ほとんど「料理関係」だ。サラメシ、グレーテルのかまど、今日の料理・・・NHKで生きていける。

 

・家の、植込みのツツジを刈り込んだ。・・・ワタクシも散髪することにした。

 

・子供から連絡あるときは、たいがい、急な用事か、お金の事だ。

 

・奥様から、お出かけを誘われるが、3回に2回は、何かにつけ断っている。

 

・家で、Huluを観るか、お料理をしている時が、一番楽しめる。

 

・・・梅雨と暑さ・・・なにかイラつくのです。